ワンダーフェスティバル2018夏 お礼&結果報告

ワンダーフェスティバル2018夏 お礼&結果報告 

このページはディーラー「シープモデル」のワンダーフェスティバル2018夏でのお礼と結果報告です。イベント全体の結果報告ではないよ、購入したお客さんやワンフェス出展に興味ある人向けの記事です、ディーラー参加したい人は生々しい話もあるので必見だよ。あと文字ばっかしで地味に長いのでPC推奨です。

毎度の事ながら、
うちのキットを楽しみに来てくださった方、通りすがりに見つけて買った方、立ち止まって見たけど買ってはいない方、訪問先でお話してくださった方、ツイッター等で援護してくださった方、みなさんありがとうございました!

今回は3Dプリント代が大きいことと新規商品の単価があまり高くないことから、黒字か赤字か微妙なところでの決算にはなりました。
ワンフェスには行けないけどもツイッターで援護したり通販で買うからと応援してくださった皆さんもありがとうございました。自分がフォローバックをしていないので申し訳ないのですが、非常に励まされております。この場を借りてお礼申し上げます。
商品まとめのリンクだけ貼っておきます。ワンフェス冬の商品まとめページここ (同じ窓で開きます)

また、会場でご説明した通り、都合によりお盆明けぐらいまで平日不在が続くためメール対応や後日出荷ができません。ご了承下さい。土日は帰るので対応できるのですが、さすがに生産や説明書まで手が回りそうにないです。もう暫くお待ちください。

**目次**(ジャンプはしないぞ、ゴメンね)
・販売数の話
・金の話
・キットごとの話
・今後の展開
・例の夏の新作
・余談
**目次ここまで**

販売数の話
毎度のように総販売数だけ報告しますと、21個+改造部品6個(後日出荷分を含む、砲身バラ売りは含まず)でした。今回も売り子さんの購入はありませんので純粋にお客さんへの販売個数です。前回が25個くらいで、今回はクルセイダー改造部品があるのでこんなもんかなと。今回、1/100をある程度は用意したつもりが案外売れてしまって後日出荷をお願いすることになってしまい、申し訳ないです。相変わらず、1/100はムラが大きく上手く読めないです。一方で、2回目のカヴェナンターは1個しか出ず、知名度やアニメ・ゲームでの人気の有無による有利不利を痛感したところ。

金の話
みんな大好き金の話。新作の1/700バルクで1キットあたり1,900円程が3Dプリント代でかかっていて、売り上げもさほど大きくないので全体で黒か赤か微妙なとこです。支出としては、参加費が約3万円で、新幹線が広島からで往復3万2千円くらい、材料はシリコンが新製品用で4kg、レジンは全部で7kgくらい使ったかな。外注3Dプリントで添付分が1万6千円ほど、原型用はカヴェナンターの時に合わせてかかっています。その他諸々が乗っかって利益は薄くなり、たぶん黒字だと思うけど…ぐらいの感じまで減っちゃいます。自分で複製してるからできるので、業者抜きだとどのキットもこの定価では無理です、完全に利益が無くなってしまいます。毎度ながらワンフェスの出展料が約3万円ってのは覚えておいてほしいのですよ、販売10個だと1個あたり3,000円かかってますからね…。かと言ってワンフェスじゃないと個人では周知が絶望的だからね…。

キットごとの話
個別に感想をば。

1/700バルクキャリアは7個持ち込みで時間ギリギリで完売しました。これ3Dプリント部品が大きさ的に8個ぶんを1回で出力してて、1個は見本にしたので7個って半端な数になってるのね。民間船は厳しいと踏んでいましたが、おおむね予想通り。最低限完売できたので一安心です。
購入された方や興味を持たれた方の多くが造船業・船舶乗員・港湾関係の仕事の方でした。そのため目のつけどころが流石で、パっと見でバラスト積んだ状態だと見抜いててうひゃーってなりました(笑)普通の人そんなとこ気づかないと思う(笑)。サイドローリング式とか旧パナ/新パナとかの単語が普通に出てくるし。筆者は造船関係ではないので付いていくのがやっとなのですよ…。
現行の民間船で1/700はほとんどプラモが無く、あっても豪華客船とか古い”さんふらわあ”ぐらいでレベルのコンテナ船が比較的新しい程度。ガレキでも大型船のものは僅かなので、関係者の皆様には大いに喜んで頂けたようで何よりです。やっぱし自分の仕事の分野が模型とかになってると嬉しいですよね。
造船や海運に関しては島国日本にとって超重要な分野にもかかわらず、あまりにも一般に知られていません。知ってる人ならそんな現状を見て「いっぺん海運止めたろか(怒)」とか思ったことあるはず。プラモになるのも護衛艦ばかりで、より現実的な面で日本の生活を守っているはずの貨物船たちは無視同然の状況です。そんなわけなので多少なりとも励ましと広報になればと、作ってみた次第です。

1/35 カヴェナンターはまさかの1個のみ。売れないと踏んで少数だけ持ち込んでましたが、ここまでとは…。日本のモデラーの偏り具合というか、本来の「マニア」の地力が失われた状況を見たような感じ、ちょい大げさだけど。そのスジの在野の専門家としてのマニアは絶滅危惧種なんだろなーと思う今日この頃です。まぁ、ガレキは価格が価格だから仕方ないとも思うんだけどね、作るのメンドイしね。

1/35 クルセイダー改造キット(主に砲塔)は思ったほど出んかったです。個人的にはクルセイダーと言えばMk.3でなく1か2だと思うんですが、そうでもないんかね。改造キットで2,000円はキツイってのもわかるんですけども。完成見本が無かったので、その点も痛かったかなーとは思います。

1/35&1/100の TOGⅡとAMX40は持ち込み自体が少ないですが、ぽつりぽつりと売れました。根強いですね。


今後の展開
次回も参加する予定ですが、例の如く予定は未定です。夏の暑さが洒落にならんので、もう冬のみでいっかなーとは思っています。自分がちょい忙しくなるかもなので半年単位での新製品は厳しくなりそうですし。通販もイベント前後のみ受け付けとかにするかもです、まだわかんないけど。

とりあえず、1/35戦車は例のツイッターのやつ(詳細下記)と、オーストラリアのセンチネル巡行戦車でいく予定です。てかセンチネル用に履帯(アスカのベルト式)を大量に買ってるので、やらないと自分が困るし。AC1(2ポンド砲)とAC4(17ポンド砲)でやる予定ですが、煮詰めてないのでまだわからん。M3/M4から流用できる部品ってほぼ無いので、3D+手作業でコネくり回すつもりでいます。

船は1/700でLNGのモス球形/メンブレンか、オイルタンカーか、PCCから選ぶかなーと思い中です。バルクで散々悪戦苦闘したので今度はもう少しうまくやれるはず…。なるべくコンスタントに出したいところです。バルクの再生産もやるようにします、たぶんあと5個は出るだろうと。

例の夏の新作

ツイッターでワンフェス前にやってて反応が薄かった「夏の完全新規の”軽い陸モノ”」のクイズですが、正解は

「1/35 M3スチュアート・ダミー 偽戦車」です。

画像はパクるのもよくないので貼りませんが、Google画像検索で「偽戦車 WW2」とか「ダミー 戦車 イギリス」とかで検索してみて下さ、すぐにそれらしきM3スチュアートもどきがヒットするはずです。このダミー、正式名称はわからないので名称は語呂で決めただけです。ジープに被せて走行もできるやつね。一定の作り方があったらしく、このやたらそっくりなM3とクルセイダーは大量に製作されています。

これを車体(?)を1ピースと砲塔1ピースって感じでサクっと一体化して、塗装されている転輪やボルトの模様は外注デカールで、と考えていたわけです。デカールデータをイラストレータで作るのに勉強せにゃならんので、間に合うわけねーって持ち越しました。自家製デカールじゃ、このサイズは厳しいもんね。

当然ながら、当たった方は0名です(てゆーか応募が1名です)。あえて”陸モノ”と言って”戦車”とは言ってないのがヒントだったわけですよ(←わかるか)。”軽い”もヒント、これ大人数人で持ちあがるので(←わかるか)。

こーゆうのが好きな変態紳士も居るだろうと思って企画してみたのですが、実際ロクに売れないんだろうなーとは思うのでちょっとやる気が下がっています。まぁぼちぼち頑張るですよ。

余談
いつものように適当に余談です。
・毎度のことですが、お話した方で「微妙に何て言ってんのかわからん」って思った方、がっつり訛ってます、それ広島弁(厳密には備後弁)です。ついでに広島弁には敬語があって、あれでざっくり丁寧語ぐらいの敬語だったりします。備後弁は東部地域の派生型みたいなもので、本家と比べてふにゃふにゃした感じなのが特徴です。方言直すと喋りづらくてかなわんので開きなおってます、勘弁してね。

・台風を警戒して土曜は東京に入った後は大人しくしてました。ミニスーファミでめっちゃパネぽんやってたよ。

・開場前後に急に雨が降って大半のお客さんが濡れたと聞きました。ディーラーは濡れてないので何だか申し訳ないです。

・お客さんにバリバリの後輩がいた件。普通に売ってたら、広島っすかー、って所から話が始まり、結果おもいっきし学部もサークルも同じな後輩やんけ、ってなってビックリしたですよ。年齢が離れてたから面識が無いだけで、焼きそばパン買って来させるレベルの直系の後輩でしたよ。世の中狭いね。

・いつものミリタリークラシックスさんが来られたそうなんですが、私が出てる時だったのでバルクの説明ができずにスンマセン…。さすがにミリクラの専門外なので見ても全然わかんなかったと思います。もし必要あればメールで聞いて下さいね。

以上でワンフェス2018夏のお礼&結果報告を終わります。
最後にもう一度、お越し頂いたみなさん本当にありがとうございました!


日付

2018年8月5日

Top