ワンフェス&同人ディーラー の始め方5

ワンフェス&同人ディーラー の始め方5

*その5の目次*
*ワンフェス&同人ディーラー HP・ブログ・SNSのやり方*
・マーケティングの概要
・ツイッターとかSNSについて
・写真のコツ
・HPとブログについて
・HPの作り方詳細
・閲覧数を増やすには&検索に強くするには
**
その1に戻る用のリンク(同じ窓で開きます)

*ワンフェス&同人ディーラー HP・ブログ・SNSのやり方*

このページでは、ガレージキットの販売イベント「ワンダーフェスティバル(ワンフェス)」を中心に、コミケなどの同人イベント全般についてこれからディーラー(販売する側)になりたいという初心者に向けたアドバイスや始め方を適当に解説します。

今いるページは同人イベント全般における HP・ブログ・SNSについて扱います。その他の分野や概要についてはリンクから飛んで下さい。個々の項目で概要と被る部分も少しあります。

筆者はワンフェスでスケールもの(戦車とか)のガレージキットを製作販売してる三十路のお兄さんです。アニメは見なくはないですがコミケとかは行かないので、そのへん適当なこと言ってると思ってください。また、ソーシャルマーケティングやHP製作などの専門家でもないので、そこも体感で適当なこと言っています。”SNS”はどこまで含むか異論はあると思いますが、ここでは広い意味で使います。

以下、項目ごとに折りたたんでいるのでクリックして展開して読んでください。PCで見る用に作ってるのでスマホだと見にくいかもしれないです。拡大して頑張ってちょーだい。
***********     ********      ********

・マーケティングの概要

とりあえず、現代のマーケティングについて最低限これだけは知っておこうよ、ってことだけ説明します。知らずに大きく出ちゃって不良在庫抱えまくって爆死とか、うちは大丈夫と思って爆死とか、すごくよくあるので注意して。

マーケティングと言っても個人の同人活動ではツイッター、インスタ、Facebook、HPブログぐらいしかする事が無いです。雑誌の広告なんて確実に元を取れないので論外、ワンフェスのガイドブック広告なら多少は検討に値しますが、それも個人ならやるほどのもんでも無いし、初参加なら論外です。ともかく、現在は紙媒体での広告はほとんど無力です。効果があるとすれば広告欄ではなく媒体の記事の中で広告と書かずに持ち上げてもらう方法ですが、これは相手と”お友達”じゃないと無理です。

ってことで、結局はツイッターで適宜つぶやいて、あとはそれを拾ってもらえることを祈るのみ、って感じです。ハッシュタグとかは当然使いましょう。また時期をずらして何度かつぶやくのも大事、ワンフェスならやり始め・3Dモデル完成・原型完成・見本完成・イベント直前に2~3回、ぐらいは何か呟いて「OOのガレキが出るよ」ってのを周知します。
ハッシュタグは普段はアニメやキャラにして、イベントが近づいたらイベントのタグも使いましょう。フィギュアだと値段は最初は出さないほうがいい(値段で即切りされる)、見本ができたら出して。デカールの付属やクリアー部品など、美点は簡単に書いておきましょう。
個人ディーラーが正攻法でやれるのはこれぐらいしかありません。

注意すべき点で一番大事なのは「ツイッターのRTいいねは全くアテにならない」これね。イベント少し前に告知したら何かめっちゃRTいいね来てたから、業者に生産数増やしてもらって持ってったらロクに売れずに大量に廃棄した、って感じのを頻繁に聞きます。てゆーか私もやりました(1/100AMXでやった)、個人生産だから手間のロスで済んだけどさ。並みのアカウントでツイッターでバズるのは、その作品がいいとかツイートが面白いかよりも「インフルエンサー級がRTするかどうか」にかかっています。インフルエンサー級には「そのアカウントのツイをほぼ毎回RTいいねする」って感じのフォロワーがある程度いますから、内容に関係なくバズるわけね。「ツイッターのいいねは既読の意味」なんて言われるように、バズっても あぁ既読ついたな程度に受け取ること。

ついでに「”欲しい”は買わないの意」って格言も覚えておこう。特に引用RTで「>RTこれは欲しい!」って感じのがよくありますが、そう言った人の半分以上は実際には買いません。心理学の基本で、「実際に行動する人は行動を口にする、行動しない人は感情を口にする」ってのがあります。実際に買う人はこういう時、「これは買わな!」「金ためとこう!」みたいに自分がとる行動を書きます、「欲しい」という感情を書く人は買いません。あくまで傾向の話なので絶対ではないですが、けっこうな率で当たるので覚えておいて。

********           ********           *******

・ツイッターとかSNSについて
もう大事なことは上に書いてしまったわけですが、若干詳しく触れます。ただ知ったところでマーケティングに役立つかは微妙なところ。

ツイッターとかSNSについて

*筆者の妄言を詳しく(あくまで憶測なので怒ったりせず話半分で)*

ひろげる

*********        ********     *******

・写真のコツ
SNSやHPに上げるための写真・画像について、綺麗にするコツを簡単に説明します。

ひらく

*********       **********      ********

・HPとブログについて

HPとブログの長短やら、HPの作り方やらを説明していきます。
全体のお説教でも触れましたが、HPやブログの閲覧数を増やしたいって目的であれば同人イベントでのディーラー参加は非効率です、他のことしたほうが楽だし閲覧数稼げます。立体のワンフェスなら特にそう、ディーラーは悪手です。それだけは最初に理解しといてね。

ディーラー活動、特に説明がややこしいキット販売のワンフェスディーラーであればブログかHPは持っておいたほうが良いかと思います。閲覧数どうこうではなく、買った人&購入希望者にまとまった情報を届けやすくするためね。日記形式のブログでは系統立ったページ構成が難しいので、「商品が少なく、ディーラー活動の情報置き場のみに使う」のであればブログを、「商品が多くて複雑で継続販売もする、他のコンテンツも加える」のならHPを作ればよいと思うよ。

同人誌など2次元の絵の場合、さほど説明とか無いはずなのでツイッターのみとかpixivとかでも良いかと思います。てか、そうしてる人が多いよね。

まずHPとブログの長短を書くと、
ブログの長所、「安くて簡単」「若干量の読者は一応つく(意味あるかは別)」。短所は「いきなり消えたり過疎ったりする」「レイアウトの融通は利かない」「系統立てしにくい」「検索に弱い」。
HPの長所は「レイアウトの融通が利く」「系統立てしやすい」「容量でかい」「検索に強い」。短所は「コストがかかる」「ある程度の知識が必要」「最悪、読者ゼロ」「何かと手間」って感じ。やる気が続くならHPだけど、挫折しそうならブログにしとこう。

ブログについて

********      **********      *******

・HPの作り方詳細
HPについては少々複雑なので説明が理解しにくいですが頑張って読んでね。ここでも一通りの説明はしますが、「Word Press」(HP作成ツール)の細かい使い方とかサイトの構築とかは専門のHow to本の1冊でも買うか借りるかして読みましょう。ネットだけ見てやるのはオススメできません。本を読むのすら面倒だという人はそもそもHP運営などするべきではありません。

HPを作る手順

*********      *******      *********

・閲覧数を増やすには&検索に強くするには

HPを作っても誰も見に来なければ意味がありません。ディーラー活動で使うならツイッター経由でイベント前に商品説明ページだけ見てくれればOKかもしれませんが、せっかくなら普段から閲覧数を稼げる強いサイトを目指したいところ。

ってことで、閲覧数を増やしたり検索順位を上げたりするのに有効と言われている正攻法の手法を紹介します。逆に意味がない方法も紹介しときます。ズルいやり方もある程度はありますが、現在のGoogle先生はかなり賢いので手軽な汚い方法はほとんど無力化されました。

自分で言うのもなんですが、このページみたいな文章ばっかしダラダラ書くのはダメだからね。なるべく文字は減らそうね。文字のサイズはある程度大きいほうが良いのですが、見る人のディスプレイサイズとブラウザ設定で変わってくるので適当に妥協しましょう。

ひらく

その1に戻る用のリンク(同じ窓で開きます)


日付

2018年4月16日

Top