1/700 駆逐艦 綾波 タミヤ

1/700  駆逐艦 綾波  キット/タミヤ製  開戦時ayanami_1<実艦解説>
駆逐艦綾波(あやなみ)は日本海軍の駆逐艦で、特型の11番艦、特Ⅱ型(綾波型)としては1番艦として、1930年4月に竣工しました。特型(吹雪型)は全部で24隻が建造されましたが、改良による個艦ごとの形状差がややこしく、モデラー泣かせの艦型です。綾波は1942年11月の第三次ソロモン海海戦において、駆逐艦2隻撃沈1隻大破戦艦1隻に損傷という戦果を挙げたものの自身も撃沈されました。幸いにも脱出の為の措置が適切に行われ生存者は多く、戦死者40数名といわれます。日本海軍の武勲艦に数えられる一隻です。ちなみに、某有名アニメのキャラクター名の由来にもなっているのは有名な話。

<キット解説>
タミヤのキットは1972年に出た古いキットですが、今でも現役で売られています。甲板のモールドがあっさりしているなど、今の目でみると物足りない部分もありますが、カッチリとした雰囲気の良いキットです。特型はそもそもが非常にややこしい艦型のため、完全に特Ⅱ型を再現できてはいませんが、特徴は十分に押さえられているかと思います。ピットロードから新金型キットが2007年に発売されていますが、こちらも完全では無いそうです。タミヤの説明書にはないですが、付属の共通部品(Xランナー)を使うと手軽にディテールアップできます。

<作例について>
キットのまま組み立てています。甲板はキット指示は単色ですが、リノリウム色をおおまかに塗りました。本当はもっと細かく塗りわけが必要なようですが、雰囲気ということで。発射管と主砲はXランナーからです。特Ⅱ型とⅢ型は主砲を使えますが、特Ⅰ型は形状が違うので使えません。2番発射管は後ろ向きが普通なのでそうしています。古いのでバリやヒケが多くなっていますが、きちんと処理してやれば綺麗に仕上がるいいキットだと思います。というか特型はこだわりだすとエライことになる鬼門なので素組みしちゃうのが吉。


日付

2014年8月21日

Top