1/48  Do335 モノグラム

1/48  Do335A-0  プファイル 戦闘機  キット/モノグラム製  適当マーキングDo335_2<実機解説>
ドルニエ Do335プファイルは第二次大戦中のドイツ軍の戦闘機で、大戦末期に完成し量産に入ったところで終戦となり実戦参加の機会はありませんでした。非常に変わった構造をした航空機で、エンジンを機首に1基機尾に1基とタンデムに搭載し、それぞれが前後のプロペラを回します。このため一見すると単発機ですが実際は双発機です。この配置のため、尾輪が使えないので首輪式としたり、パイロット脱出時の安全性から射出座席を搭載するなど大戦中の機体には珍しい部分の多い航空機です。プファイルは「矢」の意味で、見たまんま。

<キット解説>
モノグラムのキットで、ハセガワ/モノグラム版を作っています。モノグラムらしい雰囲気の良い凸モールドのキットです。古いぶんタミヤのキットと比べて全体形とか脚まわりとか劣る感じはします。整備員フィギュア2体が付属して嬉しいこと、エンジン部分左側を前後2基ともカバー開けた状態で作れること、単座複座のコンパチなことがいい点です。定番キットでないので流通在庫(ほぼ中古)のみのキットです。

<作例について>
安く転がっていて、パッケージ写真のフィギュアに引かれて買っちゃって、ご機嫌最高な感じで細かいことは気にせずに作りました。作りながらエンジン部分やフィギュアでひとしきり遊んで、結局完成時は普通状態にしちゃいました。あえて探して作る人もいないと思いますが、普通に綺麗に作るならタミヤのほうが当然良いです。


日付

2014年6月11日

Top