1/72 F-5E イタレリ

1/72  F-5E  タイガーⅡ戦闘機  キット/イタレリ製  架空マーキング1/72 F-5E<実機解説>
F-5Eはアメリカが1950年代に開発した西側発展途上国向け戦闘機 F-5Aフリーダムファイター の改良型で、1974年から配備開始されました。発展途上国での使用を前提とした設計のおかげで、安い・そこそこ強い・扱いやすい、と三拍子そろった傑作機となっており、改良を続けて2014年現在でも実戦部隊で運用している国もあります。 比較的地味な戦闘機ですが、「エースコンバット」や「エリア88」などに登場しています。

<キット解説>
イタレリのキットは昔はタミヤのウォーバードシリーズで発売されていて、今回もタミヤ版を使っています。残念ながら現在はカタログ落ちしており入手困難です。 古いキットでモールドは凸ですが全体の雰囲気は良いですし、組み立ても簡単です。脚庫が浅すぎな気もしますが、裏返さなければOKということで素組みでいきましょう。

<作例について>
作例ではスジ彫りの練習で、モールドを一部凹に直していますが、他はキットのままです。塗装のパターンは架空で、エースコンバット4で最初に使える機体のイメージで、機番とかは適当に見つくろいました。実在する機番でもないしってことで好きなように塗って貼ってしましたが、こういうのも気楽で良いですね。

 


日付

2014年5月22日

Top