1/72 F6F-5N イタレリ

1/72  F-6F-5N ヘルキャット 戦闘機   キット/イタレリ製  チャーツストン海軍基地1945年F6F_8<実機解説>
F6Fヘルキャットは大戦中のアメリカ海軍の艦上戦闘機で、1943年から実戦参加し空母・陸上問わず幅広く使われ、数と性能で日本機を圧倒しました。いわゆる「グラマン」というと普通はこいつのことを指します。-5N型は夜間戦闘機型で主翼の凸部分にレーダーを装備し、機銃などが細々と変更されたタイプです。

<キット解説>
イタレリのキットで、少々ダルめの凹モールドのキットです。現代の最新キットほど精密ではないですが、フラップ下げ位置にできるのは少し魅力で、デカールは白の発色が良いものです。タミヤ版で-3型が出ていますので、そちらなら入手簡単です。ハセガワのキットとどちらを選ぶかは好みになるかと思います。イタレリのは凹モールドだけどダルい感じで全体形いまひとつ、ハセガワは凸モールドだけど、全体にシャープな感じで形は悪くないけどもうちょい、ぐらいの感じです。新しいキットでサイバーホビー(ドラゴン)とエデュアルドからも1/72が出ていますので、入手性はやや難ですがこだわる場合はそちら使ったほうが早いです。

<作例について>
ヘルキャット作りたいなーとなったところで、ちょうど夜戦型が売っていて夜戦好きなので買っちゃったというキットです。形で気になる部分は結構あるのですが、無視してストレート組みしています。デカールの白がきれいなので、部品の印象より塗装して完成した時の印象はだいぶ良くなりました。


日付

2014年6月13日

ご案内

小さい画像を見て探す時は上タブの「一覧」を、表から探す時は「ギャラリー」と「雑記帳」を使ってください。

Top