1/700  重巡洋艦 熊野  タミヤ

1/700  重巡洋艦 熊野  キット/タミヤ製  軽巡時代kumano_1<実艦解説>
重巡洋艦 熊野(くまの)は日本海軍の巡洋艦で、最上型の4番艦として、1937年10月に竣工しました。ロンドン海軍条約の制限により、当初は15.5cm三連装砲を搭載した軽巡洋艦として建造されましたが、後から20.3cm連装砲に換装できるように造られており、1939年に換装工事を行い重巡洋艦になりました。キットはこの軽巡時代のものです。熊野は通商破壊戦・ミッドウェー・ソロモンと転戦し多くの作戦に参加しましたが、レイテ沖海戦まで直接敵艦隊と相対することはありませんでした。レイテ沖にて護衛空母部隊の攻撃により熊野は損傷避退します、それから1ヶ月にわたって入港修理と損傷を繰り返し、奮闘むなしく1944年11月25日にフィリピンのルソン島サンタクルーズ港内にて沈没しました。一連の戦闘と沈没による戦死者は500名近くに上るといわれます。

<キット解説>
タミヤのキットは2003年に出たリニューアルキットです。船体は左右分割でタミヤらしい合いの良さで、きれいに仕上がります。姉妹艦4隻で状態を分けてあり、最上は航空巡・三隈と鈴谷は重巡・熊野は軽巡の状態で、実艦同様に最上・三隈と鈴谷・熊野では船体部品が異なります。このため組み合わせで一通りの状態を作ることができます。最上のみフジミの特シリーズから出ていますが、航空巡なので改造は難しいと思います。

<作例について>
キットのまま組み立てています。最新キットほど細かくは無いですが、船体のラインが綺麗に見えるのでこれぐらいのほうが好みです、作りやすいし。主砲はポリキャップ止めなので熊野は主砲だけ別に入手して作っておけば手っとり早く重巡状態にもできます。作ってわかりましたが、最上型って意外と乾舷が低いんですね、ひたすら小さく低くした感じでスマートな艦です。編集していて気付いたんですが、今回の写真はISO感度上げたせいで粗くなっちゃっています、撮りなおしが面倒なのでそのままで。


日付

2014年12月5日

Top