1/72 MiG-17PF ハセガワ

1/72  MiG-17PF  フレスコ戦闘機  キット/ハセガワ製  インドネシア空軍所属機MiG-17_1<実機解説>
MiG-17は1950年代にソ連が開発した戦闘機です。朝鮮戦争で活躍したMiG-15を改良したもので、見た目の雰囲気はそっくりですが、ほとんど新規設計の別物です。中国での生産も含めると1万機以上が生産された東側のベストセラー機で、ベトナム戦争で活躍し、現在でも一部の発展途上国では現役で使われています。キットではD型&E型の選択式ですが、これは西側陣営が付けた区別(フレスコDとか)で、正式な型式ではD型=MiG-17PFです。

<キット解説>
ハセガワのMiG-17D/Eを使っています。かなり昔の定番商品です。当然の凸モールドで脚もコクピットも単純な作りで、全体形もなんとなく妙な感じです。今でもたま~にデカール替えで販売されますが、流石に無理があるんでないでしょうか。MiG-17の1/72キットはドラゴンからも出ています。こちらも出来は完璧とはいえず、入手難ですが幾分かはよいです。

<作例について>
どこかのハードオフ(中古品屋)でぽろっと落ちてたキットで、ハセガワキットの存在すら知りませんでした。改造とかは無謀なのでサクッと作っています。MiG機のなんとも間の抜けた顔つきを楽しむのが吉でしょう。ちなみにMiG-15や17は機首のオモリをかなり多くしたほうが良いです、作例も入ってますがギリギリ足りてるぐらいで尻もちつきやすいです。


日付

2014年6月24日

Top