1/700 護衛艦 みらい ピットロード

1/700  護衛艦 みらい  キット/ピットロード製  戦中塗装MIRAI1<架空艦解説>
護衛艦”みらい”DDH-182は”ゆきなみ”型護衛艦3番艦として平成13年に竣工したイージス護衛艦です。兵装は127mm主砲、汎用VLS29セル、対空専用VLS48セル、CIWS 2基、ハープーン、短魚雷を持ち、特徴としてイージスシステムを搭載し、更に偏向翼機”うみどり”(オスプレイに似た機体)とSH-60Jを1機ずつ搭載するというDDGとDDHの機能を合わせた能力を持つ。太平洋戦争に参加しマリアナ沖で撃沈されるまでに、米空母ワスプ撃沈の他、多数の戦闘をこなしました。

<キット解説>
ピットロードの”みらい”は、アニメのジパングが放送されたころに短期間売られたキットです。”こんごう”型のキットに部品を足して上手く”みらい”の形になるよう設計されていました。うみどりが付属します。現在は流通在庫のみで、レアキットになっています。再販も望み薄かと。

<作例について>
架空艦ですし、キットの指示通りに作っています。ただし、塗装は劇中で途中で日本海軍標準色に塗り替えた後の状態としています(ただし艦番号は残した)。”みらい”は”こんごう”型より設定上全長が長いので、それを再現する部品が入っていますが、この部分の処理が一番の難関です。写真のランナーが追加分です。”うみどり”は中々いい感じです。これだけ何個かGETして”ひゅうが”型に載せて遊びたいです。


日付

2014年5月26日

Top