ワンフェス&同人ディーラー の始め方3

ワンフェス&同人ディーラー の始め方3

*その3の目次*
*ワンフェス 複製やデカールのやり方*
・シリコン型取り
・レジンで複製
・デカール作成
・その他の特殊部品について
**
その1に戻る用のリンク(同じ窓で開きます)

*ワンフェス 複製やデカールのやり方*

このページでは、ガレージキットの販売イベント「ワンダーフェスティバル(ワンフェス)」についてこれからディーラー(販売する側)になりたいという初心者に向けたアドバイスや始め方を適当に解説します。

今いるページは複製やデカールについて扱います。その他の分野や概要についてはリンクから飛んで下さい。個々の項目で概要と被る部分も少しあります。

筆者はワンフェスでスケールもの(戦車とか)のガレージキットを製作販売してる三十路のお兄さんです。アニメは見なくはないですがコミケとかは行かないので、そのへん適当なこと言ってると思ってください。

以下、項目ごとに折りたたんでいるのでクリックして展開して読んでください。PCで見る用に作ってるのでスマホだと見にくいかもしれないです。拡大して頑張ってちょーだい。

・シリコン型取り

ガレージキットを作る場合、普通は原型からシリコンで型取りして2液混合型のレジン樹脂(ポリウレタン樹脂)を流して化学反応により硬化させ、固まった部品を型から取り出して終わりです。普通は全て手作業で、ブロックやら輪ゴムやら単純な道具でやります。
専門の業者では真空脱泡機や遠心分離で気抜きしたりといった方法も使いますが、筆者が使っていなくてわからないのでここでは扱いません。真空脱泡機は個人で持ってる人もけっこう居ますが、少なくともこれから始める人がいきなり買うようなものではないです。十分に経験を積んでからワンフェスで既に使ってるディーラーさんに話を聞いて、よさそうなものを探しましょう。

WAVE社のとクレオス社のやつの特徴

***********         ***********         *********

・シリコン型取りの手順

シリコン型取りの手順をざっと説明します。ぶっちゃけ理屈どうこうよりもやって慣れたほうが早いと思うので、細かいコツとかは自分でやってみてね。

ひらく

**********        ************       ***********

・レジン複製の詳細

レジンを流して複製する手順とかの説明をします。ここで扱うのは一番普通な”ただ流すだけ”の方法です、鋳造で言うと重力式鋳造ね。業者では真空脱泡機を使った真空鋳造に似た方法や遠心分離機みたいなのを使う方法もあります。それらは気泡の少ない精密なモデルを作りやすいですが、道具は高いし手間もあるしで個人で持つのは勇気が要ります。

ひらく

*************        *********          *********

・デカール作成について

女の子フィギュアの場合、瞳のデカールはなるべく付属させたほうが親切です。よほど上手い人でない限り塗装するよりデカールを貼ったほうが綺麗、完成見本を作る自分も楽できて綺麗に仕上がるので自分の為でもあります。

デカールを自作する方法は大きく分けると3通りで、「普通の家庭用プリンタで自作」「特殊なプリンタを買って自作」「データ作って外注」の3つです。このうち、特殊なプリンタ買って自作はオススメできません、機械が高価なことと、有名だった機種の生産が終わって入手困難なため。外注でいいサービスもあるので、今からわざわざ自分で買うのはオススメしません。よって、ここでは他2つの説明をします。

デカール作成について

*****************        ********         *********

・その他の特殊部品について

その他の特殊な部品とその生産・入手について軽く触れます。いずれにせよ、外注する場合は個人相手でもやってくれるのかをまず確認しましょう。通常は個人相手にこの手の加工や製造をやっても儲けが出ません、ほとんどボランティアです。やってくれる所はかなり少ないので、いきなり問い合わせたりせずよくHP確認したり他のディーラーに紹介してもらったりして、迷惑の無いようにしましょう。

・ポリ関節など
可動フィギュアであるやつ。どこでも売ってる市販品なら別売りで良いですが、流通が限られてる特殊な物を使うならなるべく同梱してくれよと個人的には思います。少なくとも同梱か別売りかは明記すること。同梱すると在庫リスクが大きくなるのでそこは要検討。

・金属線やプラ材
これも普通に入手できるものなら別売りで良いかと。特殊なサイズ・形状の場合はなるべく同梱してください。また、少ししか使わないプラ材とかは切って入れておいてあげれば親切です。ただし、軸打ち用の材料はそもそも必須じゃないので入れないのが普通です。

・エッチングなど、特殊形状の金属部品
メガネのフレームや髪飾りなど、薄い小物はエッチングが欲しいところです。個人で自力でエッチングを作るのはほぼ不可能なので外注するしかないですが、個人相手にやってくれる所かをよく確認してから問い合わせすること。個人相手にやっていないところへいきなり問い合わせするのは極めて迷惑で失礼です、ワンフェスで自作エッチングを使ってる人に聞いて業者を紹介してもらいましょう。なんにせよ、けっこうコストがかかりますし、メガネのような小物1点のためにやるのは極めて非効率です。メガネ1個なら市販の汎用部品を買って必要分を付属させたほうが安いです。
他にも星☆やハート♡などの一般的な形状の小型金属部品であれば、ネイルアート用の金属部品も調べてみましょう。けっこう色々あります。地方だとなかなか売ってないですが、東急ハンズなんかに行けばあるので機会を見て探しておきましょう。他にもドールハウスとかのミニチュア用の部品で市販品がある場合もあります。

金属挽き物部品はフィギュアだとあまり使わないと思いますが、戦車の砲身とかで欲しい場合もあります。これも外注を探すにはまず個人相手にやってくれる所を探す必要があります。また個人相手では商売にならないので、価格もかなり高くなります、挽き物なら1本2,000円、お友達価格でも1,000円ってとこだと思ってください。

その1に戻る用のリンク(同じ窓で開きます)**その4へのリンク


日付

2018年4月16日

Top